運気

一粒万倍日仏滅重なる入籍、結婚式、納車、引っ越しはどうなの?

投稿日:

一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)は、日本の古くからある暦です。

一粒の籾(もみ)が何倍にも成長して大きな利益をもたらす日と言われ、一般的には、何かを始めるには最適な日と言われています。

1年間だと約60日ほどあり、入籍、結婚式、納車、引っ越しなど新しいことを始めるには非常に気運が良い日です。

そんな、一粒万倍日ですが、仏滅と重なる日はあるのでしょうか?また、一粒万倍日仏滅重なる入籍、結婚式、納車、引っ越しはどうなのでしょうか?

ここでは、一粒万倍日仏滅重なる入籍、結婚式、納車、引っ越しをどうしたらいいのか?お悩みを解決していきたいと思います。

一粒万倍日と仏滅が重なる日は運気はどうなの?

一粒万倍日は、言わずと知れた運気が最高潮に達する日ですが、仏滅はいわゆる凶日です。

この相対する日が重なると、運気はどうなるのでしょうか?

一般的には、一粒万倍日と仏滅が重なると、一粒万倍日の縁起の良さが半減すると言われています。

一粒万倍日と仏滅はどちらを優先すべき?

一粒万倍日と仏滅どちらの運気を重視すればいいのか迷ってしまいますよね。

一粒万倍日よりで考えれば、一粒万倍日の日の中でも仏滅、つまり運気が少し下がると言った考え方もできますし、仏滅を基準にみれば、仏滅という凶日の中でも不幸を避けられるといった日になります。

それぞれの価値観ではあります

一粒万倍日仏滅重なる入籍、結婚式、納車、引っ越しはどうなの?

一粒万倍日仏滅重なる入籍、結婚式、納車、引っ越しは運気的にはどうなのか?と気になる方も多いと思います。

結論から言えば、運気だけきにするのであれば、一粒万倍日仏滅重なる日は避けた方が無難と言えます。

一粒万倍日は一年間で60日ほどあるといわれ、1か月で5日程度はあるからです。

どうしても入籍、結婚式、納車、引っ越しが迫っている、仁手調整ができない方は仕方がありませんが、5までは1日は一粒万倍日がきますので、可能か限り避けた方がよいのではないでしょうか?

 

一粒万倍日と仏滅が重なる日2022年

一粒万倍日と仏滅が重なる日とご紹介いたします。

一粒万倍日 仏滅
2月10日、2月22日
4月2日、4月8日、4月20日
6月10日、6月22日
7月3日
9月16日
11月29日

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-運気

Copyright© トレンドウオッチ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.